平成28年12月定例会その8

2.上三川町新産業団地構想について(つづき)

◆再質問3(前出:再質問2のつづき)
4号線に面していて、2車線の大きな道路に面したちょうど南側に、この倍ぐらいの工業団地が確保できる場所がございます。そこから(高速の)インターまでの距離は、今、町長がおっしゃった石田地区と、3キロと離れていません。
石田地区にではなく、そちらを候補地としたら、何か不利な点はありますか。
◎回答【町長】
その3キロという距離は、車で移動すれば、時間的にはそうでもないかもしれません。しかし、この土地を選定した経過は、先ほど来、申し上げておりますとおり、いろいろな多面的な検討の結果、今の石田地区を選出した経緯がございます。

◆再質問4
私が町に情報公開を依頼した町民アンケート(都市活用に関する)を調べますと、429件の配布がありまして、232件の回答です。(回答率54%)この内容を見ますと、農業以外の利用を考えている人は141人。工業団地の候補地の石田地区も入っています。それで、農業用地を考えている人と無回答の方が、98人でした。石田地区だけ見ると、賛成している人の数とそれ程変わりません。工業団地の候補地を石田地区にされたのか私には理解ができないのですが、どのような理由なのでしょうか。
◎回答【町長】
石田地区では、90%以上が「新たな土地利用は必要だと思う」というふうに回答が寄せられているところであります。
◎回答【企画課長】
「新たな土地利用の必要性」ということで工業団地ということでは聞いてございません。新たな土地利用の必要性、その中で今、ご回答申し上げましたとおり、石田地区におきまして91.2%の方が現在の土地利用ではなく、新たな土地利用の必要性があるということでご回答いただきました。

平成28年12月定例会その7

2.上三川町新産業団地構想について(つづき)

◆再質問1(工業団地の新設候補地について)
先日、議会で出ました新しい工業団地の候補地区(石田地区と願成寺地区の間)について。町長は一番インターに近いということと、工業団地を含み白地というか、適した土地であるということでしたが、今、上三川町で一番発展が遅れている地域はどこだと思われますか。分かり易く言いますと、コンビニが一つもない、スーパーもない、商店街もない、商店もないという地区です。
◎回答【町長】
「発展」という言葉の意味にいろいろな意味があります。それぞれの上三川町の地域で、それぞれの土地利用、活性化があろうかというふうに思いますので、その質問にはお答えづらいところがあります。
コンビニの数だけで言えば、上三川町の中心部にはかなりの数があろうかと思いますが、周辺部には少ないところが多いかというふうに思います。

◆再質問2(前出:再質問1のつづき)
コンビニが1軒もないのは、坂上本田、三村、五分一地区です。このような地域にある山林、白地といいますが、工業団地に適している土地があったとして、今、石田地区につくる予定の工業団地を、そこへ(坂上本田、三村、五分一地区)持っていこうという考えはなかったのでしょうか。石田地区に持っていたという根拠は何でしょうか。
◎回答【町長】
町の今の交通の要衛となっている新4号線、これを中心に、この中で今現在の土地利用、そして適正地、さまざまなものを考えて今の石田地区にした経緯がございます。

平成28年12月定例会その6

2.上三川町新産業団地構想について(つづき)

◆質問(つづき)
(8)農地利用が産業用地となれば、税収や固定資産税はどれくらい入る見込みですか。
(9)国の施策では優良農地の確保と集約を率先しているが、その結果はどうなっているのでしょうか。

◎回答【町長】
(8)税収の見込みでございますが、今回の新産業団地の計画は、現段階では道路や公園の配置など、土地利用計画が定まっていない状況でございます。そのようなことから、具体的に税額を推進するのは難しい状況であります。そのようなことから、具体的に税額を推計するのは難しい状況であります。また、同様に、どのような業種の企業がどれだけ入ってくるかもこれからの状況によりますので、法人町民税や家屋・償却資産等の固定資産税についても、現段階では具体的にお示しすることはできません。
(9)優良農地の確保などにつきましては、国では、平成27年3月に閣議決定した食料・農業・農村基本計画において食料自給率向上に向けて重点的に取り組むべき事項の一つに、優良農地の確保と担い手への農地集積・集約化への推進を掲げております。こうした中で本町では、平成26年7月に策定した上三川町農業振興地域整備企画に基づき、優良農地の確保に努めているところであります。目標年度の平成35年までに、基準年である平成24年度と比べて48ヘクタール増の2,138ヘクタールにすることを目標に掲げております。しかし、現状では、農用地区域外農地から農用地区域へ編入が進まない一方で、宅地唐の転用により農地の面積は減少している状況にあります。
また、担い手への農地集積・集約化につきましては、中核的担い手である認定農業者や集落営農組織の農地利用集積面積は、平成25年度が1,268ヘクタール、平成26年度が1,353ヘクタール、平成27年度が1,375ヘクタールとなっておりますので、担い手への農地の集積・集約化は着実に進んでいる状況にあります。

平成28年12月定例会その5

◎上三川町第7次総合計画(概要)

◆基本計画
 昨今の人口減少や高齢化に伴う大きな変化に的確に対応し、まちの活力・魅力が今後とも維持されるよう、基本計画において積極的に取り組むべき重点項目を以下のとおり設定します。
1.安心安全な環境の充実
 東日本大震災以降の防災・減災に対する意識の高まりを踏まえ、河川における水害対策や自主防災組織の育成など、ハード・ソフト両面において災害に強い、安心・安全な環境
づくりに力を入れて取り組みます。
2.定住を促す環境の充実
 若い世代の定住意欲の促進に向け、良質な居住環境の充実、買い物利便の向上、雇用の場の確保など、暮らしやすい、働きやすい環境づくりに力を入れて取り組みます。
3. 子育て・教育環境の充実
親が安心して子どもを産むことができ、子ども達が次代を担う人材として立派に成長することができるよう、教育環境の整った、子育てのしやすい環境づくりに力を入れて取り組みます。
4.健康・福祉の環境の充実
高齢社会の進展を見据え、身近な地域での健康づくりや介護予防の充実、医療体制の強化、移動手段の確保など、誰もが健康で元気に暮らせる環境づくりに力を入れて取り組みます。
5.産業環境の充実
就業の場としての機能強化に向け、農業生産環境の充実、地域の生活に根差した商店街づくり、新たな産業基盤の整備など、本町の持つ立地特性を活かした産業の環境づくり
に力を入れて取り組みます。
6.協働体制の充実
 活発な町民活動が今後とも推進されるよう、様々なボランティア活動や小学校区単位におけるコミュニティ活動に対する支援、活動拠点となる施設の整備など、協働の環境づくりに力を入れて取り組みます。

(上三川町のホームページからも第7次総合計画の詳細をご覧いただけます。
お時間がありましたら、是非、ご覧下さい。↓)

http://www.town.kaminokawa.tochigi.jp/gyouzaisei/long_range/long_range.htm

平成28年12月定例会その4

2.上三川町新産業団地構想について(つづき)

◆質問(つづき)
(5)どのようにすれば(町の)人口増につながると思いますか。
(6)雇用創出と定住促進を町長は言っておりますが、定住促進地はどこにあると思いますか。
(7)現在のサラリーマンの平均年収、414万円で住み良い町にする施策は何かございますか。

◎回答【町長】
(5)町の人口につきましては、日本全体でも人口が減少している中、上三川町が人口を増加させるということは大変難しいことではあります。しかし、町の活力を維持していくためには人口の減少に歯止めをかけることが重要であると考えておりますので、その方策の一つとして、就業の場の確保、安定した雇用の確保を目指し、新産業団地開発事業を推進していきたいと考えております。
(6)定住促進ということでございますが、上三川町は都市計画区域の指定がされており、市街化区域(※注1)市街化調整区域(※注2)との線引きをしております。既存の市街化区域の中にはまだ住居系の土地利用がなされていない土地がございますので、まずは市街化区域内の住居系地域が設定されているエリアにお住まい頂きたいと考えております。
(7)住みやすい町にする施策でございますが、昨年度策定いたしました上三川町第7次総合計画(※注3)は、町の全ての行政活動の基本となる最上位の行政計画として、まちづくりの原則や町の将来像を実現するための道筋を示すものでありますので、総合計画に示されているさまざまなまちづくりの施策を展開し、それらを推進してゆく中で総合的に住みやすい町を築いていきたいと考えております。

(注1)市街化区域
すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域。
(注2)市街化調整区域
市街化を抑制すべき区域。この区域では、開発行為と都市施設の整備も原則として行われない。つまり、新たに建築物を建てたり、増築することを極力抑える地域。
(注3)上三川町第7次総合計画
 ※次回、その5に第7次総合計画の概要について、掲載します

平成28年12月定例会その3

2.上三川町新産業団地構想について

◆質問 
 上三川町の新産業団地構想についてお伺いします。
 (1)平成26年度から産業拠点として検討を始めた6地区の候補地について、検討した内容について。
 (2)候補地の6地区は農振地区が多く工業団地、産業団地には適していないと思いますが、どのような考えがあるのでしょうか。
(3)6地区の候補地について、土地利用アンケートの内容を公表する予定はありますか。
 (4)北関東自動車道と新4号線が交差する立地優位性を最大限に生かす距離は、どこまでと町長は思っていますか。優先距離は何キロぐらいですか。

◎回答【町長】
(1)新産業団地開発事業につきましては、10月20日に議員の皆様に、新産業団地開発事業の方針について報告をさせていただき、その後、地元説明会を開催し、地域の皆様に町の考え方について説明させていただいたところでございます。
6地区の候補地について検討した内容でありますが、長期にわたり農業上の利用を確保すべき土地をする農振用地区域との関連性や、宇都宮上三川インターチェンジとの近接地、また既存工業団地との連続性、一体性、さらには土地利用に関するアンケートの結果など、さまざまな視点から検討したものでございます。
(2)農振用地区域につきましては、今後も長期にわたり農業上の利用を確保すべき土地とされており、議員ご指摘の地区には、農振用地区域を含んだ候補地がありますが、町全体の土地利用のバランスを考えた中では、町内でも高い交通利便性を有していると考えられていますので、工業団地に適さないということ一概には言えないと考えています。
(3)土地利用アンケートですが、第7次総合計画の策定において、今後の土地利用に関する部分について、該当する地区だけアンケートをとったものであります。総合計画策定のための下資料的なアンケートになりますので、その結果について、現在、公表する予定はございません。
(4)立地優位性を最大限に生かす距離としては、具体的に何キロメートルまでといったことをお示しすることはできませんが、新4号国道沿いで宇都宮インターチェンジに近いほど優位性が高まると考えております。

平成28年12月定例会その2

1.道の駅について(つづき)

◆再質問
高根沢町は農産物直売所を持っており、今、道の駅構想を協議中とのことでした。道の駅構想は立ち遅れているようですね。(道の駅がないのは)野木町と上三川町、2町だけだと思います。(道の駅を)つくれない町なのか、つくらない町なのか、どのように町長はお思いですか。

◎回答【町長】
必要性としては町としても感じておりますので、今後、調査・研究をしていきたいということでございます。

◆この質問の最後に質問者から一言
ジョイフル本田の近くにJAの直売所があります。そこから2キロと行かない下野市に道の駅があります。そこから半径4キロ以内にもう一つつくると言っても集客性にちょっと乏しいのではないかということと、地場産業が皆つながっていますから、売るものの限定が、ほとんど同じようなものになってしまいますから、これに多額のお金を出すということは、今になって、私も賛成しづらいかなと思います。
一番先に上三川町に道の駅構想があったという時点で、この道の駅を議会が反対したということを聞き、この質問をするのはどうかと、実は私も思っているのです。議会が反対してしまったものを行政にやれと、私が言うのはおかしいのですが、せめて星野町長には、(道の駅ましこ)オープニングセレモニーには行って欲しくなかった、ということだけが本音です。(道の駅が)ない町の首長が行ってお世辞を言うのは悲しいことなので、そんなときは副町長に行ってもらい体面だけとればいいのでは、と思い、この質問は終わりにしたいと思います。

平成28年12月定例会その1

平成28年12月 上三川町議会定例会 一般質問  
質問者:勝山 修輔

1.道の駅について

◆質問 
道の駅についてお伺いします。
(1)県内の行政が関連した道の駅のような施設はいくつかありますか。
(2)道の駅ましこのグランドオープンセレモニーに出席した町長の感想は。
(3)町内に道の駅がないことについて町長はどのように思われますか。
(4)前町長がなぜ道の駅をつくらなかったのか、理解していましたか。
(5)現在、議員の中で「上三川道の駅構想」を知っている方はいるのか。
(6)上三川町では、今は道の駅構想はどのようになっているのか。私が聞いたところ、直売所を一つにする話があったそうですが、それだけの需要がないということを、ある議員から言われ、これも仕方ないのかなと思いましたが。

◎回答【町長】
(1)県内の施設につきましては、道の駅に限定してお答えさせていただきますと、10月にオープンしました道の駅ましこを含めて24ヶ所でございます。
(2)、(3)道の駅につきましては、地域の核として農産物の販路拡大やPR、地元商業の活性化などの経済効果が大いに期待でき、地域の活性化の起爆剤になり得る施設でありますので、その必要性は感じております。
(4)前町長が道の駅をつくらなかった理由につきましては、お聞きしておりません。
(6)道の駅につきましては、その必要は十分に認識しておりますので、今後も調査・研究をしてまいりたいと考えております。
(5)【回答:副町長】 
道の駅設備構想につきましては、平成12年度に関係課長4名なるプロジェクトチームを設置して検討した経緯がございます。当時のプロジェクトチームに参加していた職員につきましては、現在は全員退職しております。

平成28年9月定例会その13

◆再質問6(町民の要望と予算・基金について)
「ない予算の中で」と言うのはやめて下さい。基金はうんと貯まっているのですから。
町長が「予算がない」と言うと、みんな予算がないとなってしまいます。あなたがリーダーなのですから。町民が、私はこれをやってほしいということが、要望している人が、一番大切なのです。その要望に甲乙丙をつけたり、優先順位をつけたりするのは、町民は一つも知りません。要望が何件あるかも知らないのです。
どうして予算がないのですか。基金を使うことはできないのでしょうか。災害時など、緊急の場合は銀行から借りることもできるのでは。町の仕事は、副町長と課長と協議して企画課が入って予算をつけるのだと。

◎回答【町長】
基金の話になりますと、先ほど来、災害とか何かのためには蓄えが必要です。これは一般の家庭においても全く同じだと思います。そのために計画的に、歳入があったものを基金に積み立ててそれで使わせていただいております。限られた予算の中で、厳しい予算の中で、その中で、今、言った道路の整備に使わせていただきたいと思います。
◎回答【都市建設課長】
今現在、都市建設課のほうに出ています道路整備等の要望の件数につきましては、記録が残っています昭和55年度から要望書の取りまとめを行っておりますが、平成27年度までの35年間で916件の要望書の提出がございました。そのうち、平成27年末までに682件の要望に対して何らかの対応をしているところでございます。
先ほど来、この要望がなくなるのはいつかというふうなご質問もございましたが、町長が申しております通り、限られた財源の中で行わなければならないということは当然でございます。そういうふうな整備を進めていく路線につきましては、緊急性や必要性、また地域の実情等を考慮して、より重要度の高いものから整備を進めていくというふうなことで進めているところでございます。
◎回答【副町長】
町には議員の皆様には毎年、実施計画ということでお渡ししていると思うのですが、そのもとになる計画を各課、持ってございます。5年、10年先にどこまで整備を進めるのだという考えに基づいて整備する方針が決まっております。それに基づいて次年度ないしその翌年度に入る財源を考えた上で事業の配分はしてございます。急遽、必要になったのでどうしても来年やらなければならないというような案件が出た場合には、そちらのほうに優先的につける場合もございますが、通常は計画行政をしておりますので、ある程度、決まった年度で実施計画に沿って予算の積み上げをしていくという形で決めているものでございます。私の都合で決めるとか、そういったことは一切ございません。

◆今回の質問の終わりに質問者からの一言
私が、再三言っているのは、(町民から)要望を受けたら、「やってやろう」という気持ちにはなりませんかということなのです。予算は積み上げて、これをやらなければいけないというのはお示し頂いたとおりですが、それでは、こういう問題は起きないわけですよ。皆さんが計画をして議員が「はい、賛成」とやっているわけですから。
町民の要望が叶っていないから、要望が出てくるわけです。
あなた方が考えて、道路の側溝に草が生えた、木が生えた、雨水が流れない、と。
それが行政のやることです。決められた通りに動くだけでは、こんな悩みは出てこないのではないですか。やっていないから私はこういう質問をするのです。

平成28年9月定例会その12

◆再質問5(町民の要望について)
(町の)防災無線を消防署にも設置したらどうか、と言っているのです。
いろいろな道路の要望が町民から来ています。(私が)役場に話をしに行くと予算がないという話になる。(町は町民の要望を)やらないのだから。やらなくても町民は勝手に要望してくる。(たくさんの要望は)いつになったら解決できるのでしょうか。
どこかの行政に「すぐやる課」というのがあるそうですが、市民の窓口として要望を受付け、すぐに対応できるものは現場に来て対応してくれ、対応できないものは担当課と調整を進めてくれるそうです。
道路を作ってほしい、何をしてほしいと(私は)各課に行きますと、ほとんどの課が予算がないといいます。いつになったら要望は受け入れてもらえるのか、何年くらいかかるのか、町長はどのように思われますか。
◎回答【町長】
要望の数や、細かい内容までは私も把握しておりませんが、ただ、その要望については担当の都市建設課のほうで、要望が上がってきた時点で精査をし、要望が上がってきた自治会等には回答を差し上げているとことであります。できるものなら、先ほど申し上げましたように、優先順位を決めて限られた予算の中で進めていくことになっております。

(お時間ありましたら、御覧下さい。全国のすぐやる課のリンク↓)

★東京都葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000061/1003786/1003820.html
★千葉県松戸市
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/suguyaru/qa.html
★静岡県島田市
https://www.city.shimada.shizuoka.jp/suguyaru/suguyaru_top.html

WordPress Themes