平成28年3月定例会その4

1.都市計画税について(つづき

◆再質問3
①都市計画税あり方検討会について
「(上三川町)都市計画税あり方検討会」の構成メンバーの方々は、全員、都市計画税を払っておりません。その方々が都市計画税について話をしたのでは、税金を払っている方々は、そういった検討会なんていうことをやられても、納得のいかないことだと思いますが。
②壬生町の例
都市計画税というのは住環境を整備し住みやすい町をつくり付加価値を高めることに使って、その恩恵を受けたと、副町長はおっしゃいました。
隣町の壬生町は都市計画税を廃止している町です。そこは人口が増加しています。
行政が宣伝しているわけではなく、住宅メーカーなどの業者が積極的に都市計画に取り組んでおり宣伝している、ということで増えているのです。結果、税収が増えるということなりました。茂木町も新聞に出ていましたが「人口が13%減った」とありました。上三川町では何人ぐらい減っていると思いますか、3,000人減っているのです。
人口が増えるよう都市計画税で生活環境を整備しますよ、という我が町の人口が減り、都市計画税を取らないという町の(人口が)増える、というのは、本来の都市計画税の趣旨とは違うのではないかと思いますが。

◎回答【副町長】
①都市計画税につきましては、昭和45年、市街化区域、調整区域の線引きがございました。そのときに優先的に市街化を図るべき地域については、道路の整備、公園の整備、上下水道の整備等を図っていかなければならないという目的で当初はできたものでございます。それによって計画的に進めてきたものでございますので、どこに住んでいるからというようなことは問題ではないと思います。
②平成25年度のころ、都市計画税のあり方検討委員会で検討いたしました。平成30年に再度、この都市計画税のあり方について検討して、オーバーフローと申しますが、都市計画事業費とか、過去に都市計画事業のために起こした起債の償還額を上回る税収が入るということになれば、オーバーフローするのは非常にまずいことでございますので、そういった観点を見極めたうえで、30年度に再度あり方を検討していくということになってございます。壬生町のことで申しますと、都市計画税条例は廃止してございません。ただ、正確には税率をゼロにしたということでございます。

平成28年3月定例会その3

1.都市計画税について(つづき)

◆再質問2(前回の雨水整備事業について、つづき)

①町に降った雨を洪水にならぬよう整備するのは良く分かります。降った雨は川の上流から下流へ流れる、高いところから低いところへ流れるという理屈からすると、川の上流を整備しないで下流の市街地だけ整備すると、どういうことが起きるのでしょうか。
②川の上流の区域も下流の区域も一緒に目的税以外でも一般財源でやらなければならないのでは、ということを私は言いたいのです。目的税の趣旨と違うようなところに使われているのではないかと思われますが。
③水が出るということは、道路に降った雨水が一番問題なのです。
道路はアスファルトですから流れてきた水は側溝に入り、側溝から川に入ったり、町の中に流れて出て来たりとういこともあり得るので、(事業計画の地図の)色分けなどができるはずがないと思うのですが

◎回答【副町長】
①その雨の程度にもよるかとは思われますけれども、場合によっては全般的に雨水とか溢水等が起こる場合もあろうかとは思います。
②通常の雨水当による場合には住環境整備で整備しますところについては、きちんとして、雨がたまったりしないという形で、区分けはできると思います。
③確かに色分けはかなり難しいかと思うのですけれども、一応、雨水・排水対策ということで整備しますので、住環境の整備にはなるかとは思います。

平成28年3月定例会その2

1.都市計画税について(つづき)

◆再質問1
私がなぜ都市計画税の質問をするかを申し上げます。55億円の税収を今までの約30年間で集めたものを人数割にすると、1人約110万円払ったことになります。都市計画税を払っているのに、都市計画税を利用できないという人も中にはいるということをご承知おきいただけますか。
都市計画税は目的税だからと、私たちは払ってまいりました。上三川町では既に97%上下水道が入っております。昭和51年、62年と様々な整備事業をやってきました。このまま都市計画税を課税していく必要があるのか、急騰する起債の返還が税収より少なくなった場合は段々、違う方向へと使われて目的税の趣旨に反した課税になってしまうのではないかと懸念しております。
今から何年前ですが、「都市計画税あり方検討会」というものを上三川町につくりました。そこで検討されたことで、都市計画税を平成28年から29年の間に前倒しで、雨水整備事業に使うことになりました。
事業計画の地図は青と赤に色分けされています。市街地に雨水整備をすることは良いことですが、雨が降りますと上三川町を流れる複数の川の水は高いところから低いところへ流れます。地図を色分けしても川は一つです。川の上流を一般財源でやって、川の下流を都市計画税でやることはできますか。

◎回答【副町長】
市街地の整備のために使うわけでございますので、色分け等では明確にはできないかもしれないですが、住環境の整備という形で整備しますので、都市計画税を利用して市街地については、水路、雨水・排水の整備をしていくということでございます。

平成28年3月定例会その1

平成28年3月 上三川町議会 定例会 一般質問

質問者:上三川町会議員 勝山修輔

1.都市計画税について

◆質問
①都市計画税について。上三川町における都市計画税と払っている人の割合、税収額について。
②都市計画税のあり方、使用目的、公平性などについて。

◎回答【副町長】
①平成26年度松の都市計画税の納税義務者数は4,994人でございます。固定資産税の納税義務者数1万1,815人に対して都市計画税を支払っている人の割合は42.2%となっております。また、納収額につきましては、平成26年までの合計をいたしますと、約55億円になっております。
②都市計画税は、地方税法第702条第1項に規定されていますように、都市計画税に基づいて行う都市計画事業または土地区画整理法に基づいて行う土地区画整理事業に要する費用に充てるとして、使い道が限られた目的税でございます。
都市計画法に基づいて行う都市計画施設の整備に関する事業及び市街地開発事業を言うものであり、具体的には、都市計画区域内において行われる街路整備、公園整備、下水道整備などが挙げられます。
また、事業の実施あるいは課税の公平性の観点で申し上げますと、それらの事業の実施によって一般的に課税区域内の土地及び家屋の利用価値が向上するという受益関係に着目しているものであって、個別の事業の受益の程度に応じて課税するものではないことから、市街化区域の土地及び家屋に対して原則として一律に課税されているものでございます。

平成27年12月定例会その9

3.暴力団排除条例について(つづき)

◆前出の質問の回答について、質問者から副町長へ申し上げたこと
安心・安全な生活は確保されているという認識でよろしいですね。啓発をしていて、いい結果が出ているということも、その通りだと思います。
職員を守るというのは、職員を団結して町を守るのではなくて、副町長として町民を先に守るべきではないでしょうか。公務員として職員を守る前に町民を守って、なおかつ職員を守るという答弁をすべきではないでしょうか。
私が下野警察署へ行って聞いたところによりますと、平成27年11月現在、暴力団あるいは反社会的団体という組織は上三川町にはない、ということでした。
また、ここ1年、反社会的準構成員と称される者が2名ほど上三川にいるそうです。準構成員というのは構成員の下です。本郷地区に1名、明治地区に1名いるそうです。
ある議員さんの選挙に、その準構成員と称される方が街宣の手伝いをしたというようなことも聞いております。
※※ここからは質問とは関係のない話ですが※※
町内のどこかの(居酒屋)で「夜の会議室」と言われているものがあり、そこへ町の議員(取り巻きの人を含め)や職員が行き飲食をしているそうです。町民はそこで繰り広げられている議論を見て、聞いております。皆さま方も良く考えて飲食した方がよろしいのではないでしょうか。ちまたで、「夜の会議室」などと言われるようなことがないように、襟を正すべきところは正してやるべきことではないかと思い、質問を終わります。

平成27年12月定例会その8

3.暴力団排除条例について

◆質問
①安心、安全な生活確保の成果で出ていることについて、具体的にお伺いします。
②各種団体の啓発とは具体的にどのようなことをされたのか。
③職員の研修の内容と、その内容を具体的にご説明下さい。
④現在、暴力団及び反社会勢力団体が上三川町にあるかないか、お尋ねします。
⑤5職員が反社会的勢力団体の陰湿な嫌がらせを受けたことがあるのか、ないのか。
⑥27年9月定例会の一般質問において、副町長は「職員を守る」という答弁をされていますが、どのような意味で職員を守るのでしょうか。
⑦反社会的勢力団体の関係者が公職についた例はございますか。
⑧反社会的勢力団体の関係者で近隣の市町から会議などで上三川町が中傷されたということはありますか。

◎回答【副町長】
①具体的な成果につきましては、「暴力団と利用しない」、「金を出さない」、「恐れない」の「3ない運動」を中心とした啓発活動により、暴力団や反社会的勢力団体に対する町民の意識が変わってきたことであります。
②具体的な啓発につきましては、行政事務連絡員会議、町長と語る会、町公共事業受注業者に対して、暴力団排除条例に関する内容説明を実施いたしました。
また、商工会会員やJA役員等に対しましても講和を実施いたしました。
③県暴力団追放県民センターから講師を招き、暴力団排除条例制定の背景、条例のポイント、職員の役割、不当要求に対する対応について研修を実施いたしました。
④暴力団や反社会的勢力団体の有無につきましては、団体名、個人名が公表されていないため把握しておりませんが、町内にあるなしに関わらず、また地域性にも関係なく、取り組むべき条件であると認識しております。
⑤職員への嫌がらせにつきましては、2年前の街宣活動事件では、庁舎周辺だけにとどまらず、職員の自宅周辺での街宣活動や窓口での不当要求および恫喝(どうかつ)がありました。
⑥「職員を守る」ということは、公平公正な行政運営を実施するため、暴力団や反社会的勢力団体からの不当要求に屈せず、これらの団体からの嫌がらせに対しても組織を挙げて対応していくということでございます。
⑦反社会的勢力団体の関係者が公職についた例につきましては、個人情報保護の観点から把握しておりません。
⑧町が中傷されたことにつきまして、近隣の市町の会議等においては本町が中傷されたことはございません。

平成27年12月定例会その7

2.上三川町60周年記念式典について(つづき)

◆再質問2
下野新聞に何名が参加したというようなことをインフォメーションしていますか。それとも新聞には載せていませんか?

◎回答【総務課長】
情報提供は新聞社にもさせていただきましたが、記事として数字まで載っていたかは把握しておりません。申し訳ございません。
来賓者、さらには一般の参加者、これは1部と2部に分けておりましたので、全体の数としては定かではない部分もございますが、招待者に124名、そのほか一般の方の参加は約80~90名ということで(情報提供したと)把握しております。

◆記念式典についての質問の回答に、最後に質問者から
情報提供した新聞の記事を読まれていないのですか。こういうことを載せて下さいと言って読んでいないのですから、一体どうしたことでしょうか。
私が言いたいことは「町民参加ではなかった」ということです。
来客者へお配りする、おまんじゅうは200個用意していますね。200人来ていなのに残りはどこに破棄するのですか。ジャムは600円(1つ)もします。これも200個、用意しました。かんぴょうも用意しました。1つ160円か180円くらいでしょうか。これだけのものを無駄にしたということです。
私が執行部に言いたいことは、町民の自治会は今、90くらいあるのですから町民参加なら、(各自治会から)2人ずつ呼んでも180人の人が来るのです。
こういう町民参加の行事に誰も招待者がいないということはおかしいでしょう。
壇上で、上三川町を一生懸命に褒めてくださった来賓の方々に、せめて来客用に用意した椅子が半分でも埋まっていてくれたなら、というのが私の感想です。
このような式典は、もう少し宣伝をして町民の皆さまに参加して頂くべきではないかと、私は思って質問させていただきました。

平成27年12月定例会その6

2.上三川町60周年記念式典について(つづき)

◆再質問1
費用は50周年と60周年とでは大きな差はなかったようですね。
前回の議会で、別の議員が質問したときに町長が回答されていましたが、「町民の皆様とともにお祝いさせてもらった。」と言っておられました。一般の町民の方の参加はどのぐらいあったと認識されていますか。

◎回答【総務課長】
一般の参加につきましては、受付をされた方が65名でございましたが、そのほか受付をされずに入った方が20人程度いらっしゃったということで、トータルでは80人~90人というふうに推測しております。

◆再質問1(つづき:前出の回答について副町長に聞く)
私が来賓とその他を数えてみましたところ(トータルで)100名を切っていました。
約30名の一般の方がいたと承知しております。来客用の椅子は100くらい前の方にあり、その後ろにまた100くらいありました。
来賓の方(壇上に上がった方)にもたくさん来ていただきました。上三川町のPRも、おほめの言葉もいただきました。
壇上に副町長もいらっしゃいました。参加者の人数を把握されていましたか。

◎回答【副町長】
見た目で申し上げますと、来賓、自治功労者感謝状、中学生の作文の表彰者、小学生のポスターEVデザイン表彰者等、招待者は全部で124名というふうになっております。124名はいらっしゃいました。その他にも一般参加者、こちらにつきましては、その後の講演会に参加した方もございますので、トータルにはなりますが、80名ないし、90名はいたと思います。

平成27年12月定例会その5

2.上三川町60周年記念式典について

◆質問
先日(平成27年11月3日)、(上三川町)60周年記念式典を挙行いたしましたことについて質問したいと思います。
①前回、50周年式典は中央公民館で挙行したと聞いております。そのときの集客数、経費等などお教え願います。
②今回、60周年記念にかけた費用はどのぐらいでしたか。
4月の答弁で、10年、20年、30年、50年、60年とやってきたと発言なさっていますが(町長)、そのような経過があるのですか。
③下野新聞に掲載されていたのですが、(60周年は)還暦になるので挙行したとされていますが、実施の本当の理由をお聞きしたい。
④今回の60年の記念式典を立案したのは、どなたですか。
⑤自治功労賞、感謝状招待者、本町のために尽力してくれた方々の人選は、どのような基準があるのですか。
⑥10月1日の(上三川町)広報に60周年記念式典の開催のお知らせが掲載されていましたが、それ以外に、町民に参加のPRをしたのが何回ありますか。

◎回答【副町長】
①50周年記念式典の費用については、感謝状贈呈者及び招待者への記念品や看板、国旗・町旗などの消耗品など、費用に125万5,000円を支出しております。職員の残業代につきましては、給与に関する文書の保存年限が過ぎておりますので把握できませんでした。また集客数につきましては、来賓招待者として139人でございました。
②60周年記念式典費用につきましては、招待者及び受賞者の記念品や式典での生花、賞状盆などの消耗品費用など124万円を支出しております。
職員の時間外(勤務)につきましては、式典の準備や当日従事した分として44人分、概算で29万円の費用を見ております。なお当日、勤務時間のうち4時間分については、半日振替対応としております。
③実施の理由としましては、60周年目の節目を祝し、これを契機として町のこれまでの歩みを振り返るとともに、町のさらなる発展を目指し、町民の皆さんとともにお祝いし、本町の魅力を町外に発信することを目的として実施いたしました。
④多くの町民の意見を聞きながら実施に向けて内部で検討を行い、町長が方針を決定いたしました。
⑤自治功労者の表彰につきましては、上三川町表彰条例第2条に基づき、町の教育、産業等に関し特に功労があった方の表彰を行ったものでございます。
また、感謝状贈呈者につきましては、合併60周年に際し、町に長年功労のあった方に敬意を表し、感謝状をお贈りするもので、過去の感謝状贈呈基準を決定し、それに基づき関係機関から推薦をいただき、町表彰審議会に諮(はか)って決定しております。
⑥式典開催につきましては、ご質問の通り、町広報10月号による掲載、その他に町ホームページや「かみたんメール」にて周知いたしております。

平成27年12月定例会その4

1.いきいきプラザついて(続き)

◆再質問(前出のいきいきプラザの管理・メンテナンスについて続き)
応急処置ができる職員もメンテナンス会社もない、人材も確保されていない、そして、メンテナンス仕様書は、あってもないものと同然ことです。
指定管理者の管理不行き届きということになりませんか。
この指定管理料は税金で賄っていて、4億円近いお金を払っているのです。
壊れているものが、4か月も5か月も放置されているということは役場の管理もなっていない。私はそれを言いたいのです。
それから正月にプラザが営業できるような考えを、ひとつ持っていただけないでしょうか。皆さんの要望なのです。それが住民サービスであり、町民サービスでしょう。

◎回答【町長】
多くの町民の方にご利用いただいている施設だと認識しております。アンケート等をとって、町民の方、例えば、年末年始に開館してくれとか、そういったところで、多くの利用者が、例えば、年末年始に開館してくれとか、そういう意見があれば、当然そういった方向で調整されるものだと思いますが、ここに詳しいデータは持ち合わせておりませんが、5月のゴールデンウィークなどの長期連休などには利用者が減るというふうな話も伺っていますので、その辺はよく精査をさせていただきたいと思います。

WordPress Themes